post
 

文章は、読まれなければ意味がない

早速で恐縮ですが、想像してみてください。
スラスラと文章が書けるようになったあなたの姿を。

あなたが書くプレゼン資料は100発100中、社内のみんなが喜びます。
毎日、みんなが文章の書き方をあなたから学ぼうと聞きに来ます。
コンテンツSEOにも通用するあなたのライティングはWEB担当者からも認められ、誰からも尊敬の眼差し――。

これがライターとして成功するあなたの姿です。

もっと、想像していきましょう。
たとえば、社内のプレゼンテーション。
「わかりやすくて熱意が伝わる企画書だったよ」と上司が絶賛してくれます。
取引先のお客様からは
「あなたの提案書は、つい引き込まれてしまうし、妙に納得してしまうところがある。何より読みやすいし、内容が面白い!」と大好評です。

さて、想像を続けましょう。

ライターとして成功したあなたは
プライベートでも、引っ張りだこです。
あなたが趣味で始めたブログ。
今日のランチ、会社のグチ、満員電車で出会ったマナーの悪い人などについて、
ただ書きなぐっていたブログも
「文字だけで美味しさが伝わりますね。今度行ってみたいと思います」
「ツライ事でも、つい面白く紹介していますね」
「考えさせてくれる内容ですね」と閲覧数もうなぎ登り。
応援やフォローのコメントが毎日たくさん寄せられます。

これらは“間違いなく”現実にすることが可能です。

「そんなバカな」「そんな事ある訳ないでしょ」と、思うかもしれません。
では、社内にいるプレゼンが上手な人、いつも営業成績がトップの人は、本当に特別な人だと思いますか?きっと、お昼に食べたカレーをワイシャツにこぼしてしまうことだってあるだろうし、普通の人だと思いますよ。

では何が違うのか?

とても簡単です。
「心のつかみ方」が上手なだけです。

1.「思わず読んでしまう」にはルールがある

さて、残念ですが想像はここまで。
あなたの現実に戻りましょう。

・文章が「つまらない」といわれる。
・内容には自信がある(と思っている)のに、企画書でうまくアピールできない。
・インパクトのある伝え方が分からない
・案内状やチラシのキャッチコピーが浮かばない
・ブログやサイトの反応がゼロ

――文章に対して、多くの悩みを抱えていませんか?

そして、あなたは気づいているはずです「このままではいけない」と。
だから、How to本を買ったり、講習やセミナーに参加したりするのでしょう?

しかし、どの本もセミナーも
「文章には必ず主語と述語を入れる」
「“てにをは”を丁寧に考える」など、文法のルールを教えるものばかり。
セミナーや本は、基本的な文章構成には役立つでしょう。
しかし、それは
ただ“正しい文法”で文章が書けるようになるだけです。

「正しい文章=“読んでもらえる文章”」と思ったら大間違いです。
誰からも読んでもらえる文章でしょうか?
憲法や六法全書は、ちょっとややこしく書かれていますが
文章としては正しいハズです。なぜなら国が認めたものなのだから。

正しいけど読まれない文章。
だけど、交通事故や遺産相続などの困ったとき、
きっとあなたは、ややこしい法律だろうと難しい法令だろうと、
しっかり読み解く努力をするでしょうね。

読まれなかった文章が、一気に読まれる文章に大変身。
お待たせしました。
“読まれる文章の秘密”は、実はここに隠されています。

2.読んでもらえる文章は、相手の思考を見透かすこと

読んでもらえる文章というのは
「“自分に関係がある”かどうか」で決まります。

つまり、文章と読者の距離が
近ければ近いほど、ハマってくれる確率は上がります。

さらに――
「え?私の悩みにピッタリじゃん!」
「これこれ!これが知りたかった!」
と、欲望に応える内容だと、完全に読者の心を掴むことができます。

心を掴む文章は、少しくらい内容が難しくても読者が頑張って読み進めてくれます。

読者が無理してでも読みたくなる文章を作るためには、読み手が「何を知りたいか」「何が求められているか」を
しっかりと把握する必要があります。

つまり、世間やユーザーの心に耳を澄ませば良いのです。

この記事を書いた人

松尾勲樹

【無料オファーに特化した集客、販売コンサルタント】10代で起業後、ドコモ、KDDIをはじめとするキャリアの正規代理店となり携帯ショップの先駆けを果たし全国一位の販売成績を達成。FC店も仕掛けて年商10億円の企業へと成長させる。現在は、これらの実積から得た経験とノウハウを多くの店舗ビジネス系オーナー、コンサル型ビジネス、コンテンツビジネスをする人にインターネットを活用したマーケティングの仕組化、WEB戦略コンサルティングのコツを年間600社以上にアドバイスし続けてる。 この人の投稿をみる