post
 

SEOについて少しだけ学んでみる

今回は、内部対策の注意点として
SEOを意識したライターが最初に取り組むことについて
少しだけ、ご紹介したいと思います。

最近、コンテンツSEOというマーケティングが登場したことで
WEBライティングをSEOに活かそうとする企業が圧倒的に増えました。

コンテンツSEOとは、質の高いオリジナルコンテンツを継続的にWEBサイトに掲載することで
検索エンジンからの評価を高め、上位表示化を狙う施策のこと。

検索エンジンでの表示順位が上がることで、自然流入を増加し顧客獲得に結び付けやすくなる。
リスティング広告とは異なり、一度コンテンツを作成すれば継続的にサイトに残るため、
費用対効果の高い集客手法としても注目されています。

そのため、これまで記事を書くだけで済んでいたWEB会社のライターさん達も
SEOの知識が求められるようになってきました。

今回は、コンテンツSEOを始めたライターに向けて
WEBサイトにおけるSEOのポイントについてまとめてみました。

1.ページタイトルはシンプルでストレートなコピーにする

一般的にページタイトル(HTMLソースのtitleタグ)はブラウザの上枠に表示され、
ブックマーク(お気に入り)登録や検索エンジンによる検索結果一覧にも表示されます。
ページタイトルは自然検索による流入に大きく影響するので、各ページには内容の違いが分かるように、それぞれ固有のタイトルを付けておくと良いでしょう。

2.ディスクリプションには重要な情報から書いていく

GoogleやYahoo!で検索するとページタイトルの下に全角124文字前後でページの概要について書かれている「ディスクリプション/description」と呼ばれるページの紹介スペースがあります。
これもHTMLソースの内部で設定する項目です

多くのWebサイトはディスクリプションとページ内容をリンクさせるために、ページ冒頭のテキストを流し込んでいますが、可能ならば書き直した方がSEO効果は見込めます。

ディスクリプションは閲覧者にとって、アクセスするかどうかの判断材料になります。
もし、SEO効果が無かったとしても素敵なディスクリプションを書ければユーザーが「ちょっと見てみようかな」と思ってくれるかもしれません

そうした場合、SEOよりもコンテンツ(ディスクリプションも立派なコンテンツです)で自然流入数を獲得したことになります。

さて、ディスクリプションの書き方のポイントですが、重要な情報から書いていきましょう。
たとえネタバレになるような事に触れていたとしても、120文字程度で伝えられる情報というのは限られています。ユーザーも「詳しく書かれているのかな」と思ってクリックしてくれるハズです。

3.見出し(h1タグ)はページのキーワードを意識する

やっと、実際に表示される部分のSEOになりました。
まずは、見出しですが<h1>タグや<h2>タグを使って表します。
特にWebライティングを主軸にしたコンテンツSEOには、見出しは重要です。

ユーザーは見出しを見てから本文を読むかどうか判断する傾向が強いので、なるべく興味をそそるような見出しを付けましょう。

また、ユーザーに全てを読んでもらえなくても、興味のある段落だけでも読んでもらえるように、ブロック(段落)ごとに文章をまとめておきます。
その際は<h2>タグや<h3>タグを使っていきます。

<h>タグを使う時に気を付けるポイントは「数字の順番を守ること」です。
どういう事かというと・・・
<h1>→<h2>→<h3>はOK。
<h1>→<h1>→<h2>や<h1>→<h2>→<h2>もOK。

<h3>→<h2>→<h1>や
<h1>→<h3>→<h2>という順番がバラバラになるのはNGです。

――いかがでしたか。
今回は、Webライティングを主軸にしたコンテンツSEOを実践する上で
最低限のことをまとめてみました。まだまだコンテンツSEOをパワーアップさせる方法がまだまだあります。
それらは、またの機会に紹介したいと思います。

この記事を書いた人

松尾勲樹

【無料オファーに特化した集客、販売コンサルタント】10代で起業後、ドコモ、KDDIをはじめとするキャリアの正規代理店となり携帯ショップの先駆けを果たし全国一位の販売成績を達成。FC店も仕掛けて年商10億円の企業へと成長させる。現在は、これらの実積から得た経験とノウハウを多くの店舗ビジネス系オーナー、コンサル型ビジネス、コンテンツビジネスをする人にインターネットを活用したマーケティングの仕組化、WEB戦略コンサルティングのコツを年間600社以上にアドバイスし続けてる。 この人の投稿をみる