post
 

内部SEOに「はじめの1歩」だけ、助けてもらおう

コンテンツSEOとはWEBライティングや動画、音声などを使って
あなたのビジネスについて紹介し、興味がある人はもちろん、
見込み客に対してもPRする効果的なマーケティング手法です。
組み合わせるコンテンツとビジネスの相性によって、効果は大きく変わります。

そんなコンテンツSEOなのですが、実は
一番最初だけは、内部SEOにこだわった方が良いかもしれません。

今回は、コンテンツSEOに内部SEOが必要な理由について
少し触れてみたいと思います。

1. 検索順位が変わると自然流入は大きく変わる

当たり前のことですが、検索順位が高い方が自然流入(自然アクセス数)は増えます。
USの調査会社Caphyon社は、このほどGoogleの検索順位と
クリック率(CTR)の関係性を公開しました(下記参照)。

20151224表

この表から解ることは

1)1位と2位のクリック率の差は2倍以上
2)1位と6位~10位のクリック率の差は8倍以上
3)離脱率が28.67%と高く、チャンスを逃している

――ということです。

11位以下(2ページ以降)になると、
さらにクリック率が低くなることは、誰でも想像できると思います。

このように検索結果で上位に表示されるということは、
アクセス数を集める上では決定的に重要なものなのです。
だからコンテンツを追加しない企業でも、検索順位を気にしているのです。

2.内部SEOにこだわり過ぎるとコンテンツが台無しになる

上記のことから「SEOは大事だ」と思ってもらうことは嬉しいのですが
「コンテンツに全て内部SEO対策をしよう」と思うのはNGです。

内部SEOの一つに「キーワード対策」というものがあります。
これは、自分のビジネスに関連するキーワードを文章中に散りばめていき、
設定したキーワードとの関連性を高めるものです。

このキーワード対策は、無理矢理キーワードを盛り込むことになるので
どうしてもコンテンツの質を落とす(文章が読みにくくなる)ことに繋がります。

文章が読みにくくなったり、コンテンツの質を落とす可能性が少しでもあるなら
内部SEOをあきらめて、コンテンツの質をより高めることを意識しましょう。

3.コンテンツSEOは、あくまでもコンテンツが内部SEOを凌駕する世界

コンテンツSEOは、あくまでもコンテンツで勝負が決まります。
良質なコンテンツであれば、業界外であっても
「このサイト、勉強になるから“お気に入り登録”しよう!」
「この書き込み、面白いから“拡散”してシェアしよう!」
広告費ゼロ&半自動で、あなたのビジネスを紹介してくれます。

なので、内部SEOで思った通りの結果が出なくても問題ありません。

ネットユーザーがあなたのコンテンツを評価していくことで
GoogleやYahoo!といった検索エンジンにも認められ
少しずつ検索順位は上がっていき、結果的に内部SEOよりも良い結果が生まれます。

4.内部SEOにこだわる時間があればコンテンツに時間を割くべき

コンテンツSEOはコンテンツが最重要項目であり、
結果的に内部SEOや外部SEOよりも、大きなマーケティング効果が得られることが
約束されています。

それは、内部SEOは、ただ検索エンジンに上位表示されているだけなので
その先の「お客さん」「見込み客」が本当に見ているかが分からないからです。

極端な話ですが、内部SEOによって関連ページが100万ページある中の1位になるよりも
(Caphyon社のデータに落とし込むと31万2400人が訪問する計算)
表示結果が圏外でも、お気に入り登録者が20万人いた方が商品は売れます。

コンテンツSEOとはあくまでもコンテンツ重視です。
今回は、コンテンツSEOの最初の取っ掛かりとして、少しでも弾みをつけるために
内部SEOを意識した方が良いというお話しでした。

コンテンツ・マーケティング会社やSEO会社では、
「コンテンツSEO」の一環として、キーワード対策やh1タグの調整を行いますが
コンテンツSEOで大切なのは、あくまでもコンテンツです。

本当のコンテンツSEOは、
あなたのビジネスを一番よく知っているあなたが作るべきです!

ただ、そのサポートのためにWEBライティングやWEBコンサルを習うことは
とても良いことだと思います。
是非、あなただけのコンテンツを作ってくださいね!

今回も有難うございました!!

この記事を書いた人

松尾勲樹

【無料オファーに特化した集客、販売コンサルタント】10代で起業後、ドコモ、KDDIをはじめとするキャリアの正規代理店となり携帯ショップの先駆けを果たし全国一位の販売成績を達成。FC店も仕掛けて年商10億円の企業へと成長させる。現在は、これらの実積から得た経験とノウハウを多くの店舗ビジネス系オーナー、コンサル型ビジネス、コンテンツビジネスをする人にインターネットを活用したマーケティングの仕組化、WEB戦略コンサルティングのコツを年間600社以上にアドバイスし続けてる。 この人の投稿をみる