post

STEP4.無料オファーは解りやすくシンプルに考える

ビジネスや趣味に限らず、自分が「良いと思ったもの」を紹介する時というのは
つい語り過ぎてしまうものです。


しかし、あなたの商品やサービス内容はもちろん

 キャッチコピーや成果・効果にも「ウソ」があってはいけません。

無料オファーも同様に、あなたの見込み客に商品の内容を
「より強く」「より明確に」「より詳しく」

伝えようとすればするほど、 アレコレと盛り沢山の情報になってしまいます。
そして、やっとの思いで電化製品の取扱説明書のような資料をつくっても、
誰も見てくれず、せっかくの見込み客を逃してしまうことも考えられます。

無料オファーはユーザーの立場に立ち、
以下の点を基準にして発信する情報を精査すると良いと思います。

 1)本当に再現性が高いもの

 2)お客さんがお店に来てくれたり、商品を買ってくれるキッカケとなるコンテンツ、情報、プレゼント

 3)競合他社と差別化できる、ありえないサービスやここまでやるのか?という商品内容と構成

1.商品が本当に再現性のあるものかを改めて考える

ここで言う再現性とは「商品がサービス内容に沿っているか」「きちんと効果が表れているか」という
お客さんが期待していたことが「再現できるかどうか」になります。

例えば――

 「誰でも論文が書けるようになるライティングの書き方」

  Q:本当に誰でも論文が書けるようになるのか?

 「たった3つのことで100万円が稼げる方法

  Q:本当にたった3つのことで100万円が稼げるのか?

あなたの商品やキャッチコピーにウソがあってはいけません。

もし、あなたの商品やサービスが現実不可能(非再現性)の場合、
当然ながら商品の価値も信用も全て失ってしまいます。

woman-792162_1280

2.お客さんがお店に来てくれたり、商品を買うキッカケとなる
「コンテンツ」「情報」「プレゼント」を考える

ビジネスはお客さんに訴えることから始まります。
商品を持っているだけでは1円も稼げません。

お客さんがお店に来たくなるような情報、販売促進に繋がるコンテンツが必要です。

店頭に来てもらうようにするには
「店頭受付の方には、無料サービス券をプレゼント」や「店頭頭ではプレゼントの種類が選べる」など工夫します。

また、商品を買ってくれるキッカケを作るなら
「お試し価格で販売する」「3つ買ったら1個無料サービス」などで、単価を安く思わせるのも一つの手です。

3.競合他社と差別化できる、ありえないサービスや
「ここまでやるのか?」という商品内容と構成を考える

商品の魅力をシンプルにまとめ、お客さんを誘致する仕掛けも用意もできたら
あとは、お客さんに行動してもらうだけです。

そのために競合他社との違いや商品内容を考えていきましょう。
まずは、競合他社の違いや商品(サービス)内容を挙げてみましょう。


1)年中無休(競合他社は休みがある)

2)他社製品より10%コストパフォーマンスが向上

3)電話サポート対応

4)送料無料

5)企画からアフターフォローまで一貫してサポート

――あなたの強みが上記のような場合、
これらの情報を「お客さんの心に響くカタチに変えてメッセージ力を高める」と効果的です。

人が商品を購入する時は「理屈」ではなく「感情」によるものが大きいと言われています。
そこで、あなたの商品の強みにベネフィットやストーリーを持たせると良いでしょう。

たとえば、上記の項目をストーリーに当てはめると


1)24時間365日、貴方が困らないように守ります

2)効果はアップ、価格はダウン。コスパ重視の方はコチラ!

3)「困ったとき」はメールより電話の方が伝わります【電話サポート対応】。

4)お客様に届けるまでが仕事です。だからお代は頂きません。

5)「はじめたい」が「もう大丈夫!」になるまで一貫サポート!

――のようになります。

つまり、伝えたいことをわかりやすく見込み客に対して
シンプルなメッセージをキャッチーな言葉で表現する。
または魅力的なイメージできる状態を表現することです。

 「どうすれば見込み客が欲しい」という気持ちになるか

 「どうしたら、あなたのメッセージが伝わるのか」を考えてみてください。


自己商品型プログラムの無料オファー|戦略的7ステップ!MGダイレクトパートナーズ

この記事を書いた人

松尾勲樹

【無料オファーに特化した集客、販売コンサルタント】10代で起業後、ドコモ、KDDIをはじめとするキャリアの正規代理店となり携帯ショップの先駆けを果たし全国一位の販売成績を達成。FC店も仕掛けて年商10億円の企業へと成長させる。現在は、これらの実積から得た経験とノウハウを多くの店舗ビジネス系オーナー、コンサル型ビジネス、コンテンツビジネスをする人にインターネットを活用したマーケティングの仕組化、WEB戦略コンサルティングのコツを年間600社以上にアドバイスし続けてる。 この人の投稿をみる