post
 

SEO(検索エンジン最適化)とは

コンテンツSEOとは、WEBサイトに魅力あるコンテンツを置き

1)面白いコンテンツを用意する

2)再訪問や拡散によって「アクセス数」「PV数」が増えていく

3)「アクセス数」「PV数」が増えたことで検索順位が上位になっていく

4)検索順位が上がっていくので、自然流入の数が増える

5)「アクセス」「PV数」はさらに増え、検索順位がもっと上がっていく

6)1に戻る

というものです。

今回は「そもそもSEOってなんだ?」と思っている方も多いと思いますので
少しだけSEO(検索エンジン最適化)について、お伝えできればと思います。

あくまでも”なんとなく”ご理解してもらえれば嬉しいです。
それでは、コンテンツSEO講座、スタートです!

1.SEOとは

とても簡単に説明すると、SEO(SEO対策)とは
「見込み客が検索した時に、貴方の商品やサービスが検索されやすくなるよ」という事です。

もし、貴方がバイクの専門記者で、電通や博報堂の方が
「今度、バイクの企画があるんだけど、どこかにバイクの記事を書いてくれる人いないかなぁ」と探しているとします。
すると担当者は絶対にネットで「バイク 記者」や「バイク 専門記者」「バイク 著名人」等々
いろいろなパターンで検索します。いいですか? 絶対に!です。

そうしてキーワードを入力したあと
GoogleやYahoo!の検索結果画面の1ページ、しかも1位、2位に表示されていたら
100%問い合わせが来ると思いませんか?

ちなみにSEOとは「Search Engine Optimization:検索エンジン最適化」を意味する言葉です。

2.SEOの種類は「内部」と「外部」の2種類

SEOは大きく分けて2種類あります。
一般的に「内部SEO」と「外部SEO」と呼ばれているものです。
人によっては「内的SEO」や「外的SEO」と呼ばれています。

するにSEOには「内」と「外」があるということですね。
そして「内的SEO」とは、自分のサイトやブログ内で行うSEO対策のことでして
簡単にいうと「自分たちで行うSEO」ということです。
例えば、「タイトルや見出しに上位表示させたいキーワードを入れる」などがこれに該当します。

そして、もうひとつが外部SEOですが、これは
例えば、自分のサイトにリンクを貼ってもらったり
「いいね!」を押してもらう――など、人にやってもらうSEO対策だと思ってもらえればいいと思います。

3.内的SEOを最適化する

あなたが持つサイトの内部を最適化させることで上位表示させるSEOが内的SEOですが、いくつかポイントがあります。

この点としては以下のようなものがあります。

1)タイトル(title)

2)ディスクリプション(description)

3)内部リンク数

4)インデックス数

これを少しずつ説明してきます。

1)タイトル
上位表示させたいキーワードがあるなら、
そのキーワードをタイトルや見出しに意識して入れる必要があります。
これによって、ようやく検索エンジンに認識されるようになります。

無意味にキーワードを盛り込んだタイトルでは効果がありません。
検索でヒットさせたいキーワードは「1つ。不自然にならないように使う」を意識すると上手くいきます。

2)ディスクリプション(description)
ディスクリプションというのは、検索した時に見出しの下に説明文みたいなのが出てきませんか?

タイトル(title)とディスクリプション(description)をまとめると、こんな感じです。
151217記事画像
・緑の枠がタイトル
・赤の枠がディスクリプション

3)内部リンク
他のサイトやブログからリンクを貰うことはとても重要ですが
それと同じように自分自身が保有しているサイト内でリンクを貼るっていくことも大切です。

パンくずリストやサイトマップが十分に機能していれば何も問題ありません。

ワードプレスの場合、カテゴリーやタグによって
双方向にページ移動できるので、ユーザーにも優しくなります。

4)インデックスの数
検索順位を調べるロボットは、WEBサイトのページ数も評価しています。
つまり、多少は「質より量」を意識しないといけません。

でもご安心ください。
調査ロボットは、ページ稼ぎのような悪質なページについては「ノーカウント」です。

要するに素敵なページでなければ「ページ」として認められないのです。
(詳細は省きますが、Googleの偉い人が公言しています)
また、WEBサイトの場合、どんなに面白いコンテンツでも1つしかないのは寂しいものです。

いかがでしたでしょうか?
SEOのプロが見ると、補足する点がいくつかあると思いますが
初心者の方がSEOに入門するには、まずはこの位からはじめましょう。

今回は内部SEOについて、おおまかに説明しましたが
また今後、外部SEOについて説明していきたいと思います。

この記事を書いた人

松尾勲樹

【無料オファーに特化した集客、販売コンサルタント】10代で起業後、ドコモ、KDDIをはじめとするキャリアの正規代理店となり携帯ショップの先駆けを果たし全国一位の販売成績を達成。FC店も仕掛けて年商10億円の企業へと成長させる。現在は、これらの実積から得た経験とノウハウを多くの店舗ビジネス系オーナー、コンサル型ビジネス、コンテンツビジネスをする人にインターネットを活用したマーケティングの仕組化、WEB戦略コンサルティングのコツを年間600社以上にアドバイスし続けてる。 この人の投稿をみる