post
 

WEBの特性について考える

今回はコンテンツSEOを実践する上で必要な
WEBの特性について取り上げみたいと思います。

1.コンテンツSEOにはSEOの知識もそれなりに必要

いきなりで恐縮ですが、WEBライティングの下請けやデザイン会社が行う
「文章中に対策キーワードを散らす」といった方法はコンテンツSEOとは別物です。
敵を作ってしまう言い方になってしまいますが、それだけは断言いたします。

コンテンツSEOとは、未訪問者が訪問したくなるコンテンツや
リピートして楽しめるコンテンツを提供し続けることで
人的要素でSEO順位を高めるものです。

しかしながら、WEBライティングやイラスト、動画といったコンテンツだけでなく
WEBデザインにもSEO対策できる部分を見つけ出し、SEO対策していくことも必要です。

メインはコンテンツですが、SEO対策の知識や技術は
「それなり」に必要です。

2.コンテンツSEOは検索ロボットと読者に影響を与える

本来、コンテンツSEOとは小手先な対策でアレコレするものではありません。
WEBライティングや動画コンテンツを通して

・Google検索ロボットに対して、純粋にSEO対策となる施策
・ユーザーに対して、コンバージョンに結びつけるような施策

を行うものです。
つまり、コンテンツSEOとは
検索ロボット(内部要素)とユーザー(外部要素)に働きかけるものです。

3.WEBは情報が比べられる

既存のメディアと比べると、Webは非常に低いコストで
とても簡単に情報を発信でき、
受け手に至っては、無料で情報を得ることができます。

さらに、自分のとっておきの情報を発信したとしても
類似する情報と出会うことがあるでしょう。

つまり、あなたが「とっておきの情報」だと思って発信したものが
残念ながら「無料で手に入るレベルの情報」と同様に扱われることだってあり得るのです。

4.情報は無料で得られる情報なのにユーザーからクレームがくることもある

WEBには類似する情報が沢山あるため、
ユーザーは情報を見る目が厳しくなっています。

無料の情報であっても、低レベルの情報やパクリ情報に大して
厳しく叱責してくるケースも珍しくありません。

「無料で情報を発信してるんだから文句を言うな」と思うかも知れませんが
そう思った時点でコンテンツSEOは成立しません。

有料で価値あるものを無料で提供する「無料オファー」というものがありますが
コンテンツSEOも、無料オファーと同じ様なものです。

「自分の記事を差別化したい」や「自分の方が情報が有益だと認められたい」と思いを胸に秘めて
一字一句丁寧な仕上げを心がけ、ライバルサイトに負けないような
素敵なコンテンツを作っていきましょう。

5.伝える情報を精査し伝えやすくするWEBライティング

コンテンツライティングにはある程度の文字数が確保されてなければいけない、と言われています。
それは、1000~1500文字、4000文字、6000文字――・・・人によって様々です

ただし、文章量ばかりに意識がいくと
とても周りくどい表現になってしまい、結果的にユーザーに離脱に繋がります。

WEBの世界には、情報は欲しいけどパソコンの利用時間が短い人もいます。

そうした方に向けて、解りやすく、簡潔に、要点をまとめて
情報を発信することが望ましいです。

例えば5000文字の文章でも、要点がまとまっていれば
読み留まることもないし、もし、本当に時間がなければ
「あとで読もう」と思ってお気に入り登録をしてもらえるかも知れません。

6.デザインと文章のセンスを身につける

Webサイトがどんなに検索上位になったとしても
人が見て「良い」と感じてもらったり、訪問してもらえるようなデザインでなければ意味がありません。

WEBの創作物は、人に利用されて初めて存在価値が出ます。
訪問者がパッと見て「違うな」と感じるサイトは離脱率がとても高まります。

どんなに文章力があってもデザインが悪ければ、パッと見で離脱します。
どんなにデザインが良くても文章が稚拙だと、ブランドを落とすことになります。
そのため、文章とデザインの知識は身に付けておく必要があります。

人を惹きつけるにはWebライティングやキャッチコピー
デザインの知識とセンスが問われますので、
日ごろからWEBに関するアンテナを高くしておきましょう。

7.コンテンツSEOはWEBの特性を利用するのが絶対条件

コンテンツSEOは「検索」「拡散」といったWebの特性を利用するものなので、
人を対象にした「WEBライティング」と
Google検索エンジンを対象にした「SEO対策」の双方が必要です。
WEBライティングとSEO対策のどちらが欠けても、コンテンツSEOは上手くいきません

そして、WEBライティングとSEO対策をバランスよく融合させることで
コンテンツとSEOが歯車の様に組み合わさり、
集客に貢献するコンテンツを生み出すことができるのです。

この記事を書いた人

松尾勲樹

【無料オファーに特化した集客、販売コンサルタント】10代で起業後、ドコモ、KDDIをはじめとするキャリアの正規代理店となり携帯ショップの先駆けを果たし全国一位の販売成績を達成。FC店も仕掛けて年商10億円の企業へと成長させる。現在は、これらの実積から得た経験とノウハウを多くの店舗ビジネス系オーナー、コンサル型ビジネス、コンテンツビジネスをする人にインターネットを活用したマーケティングの仕組化、WEB戦略コンサルティングのコツを年間600社以上にアドバイスし続けてる。 この人の投稿をみる