post
 

セールスレターに絶対に必要な1つとは

以前、良いセールスレターには「ナイスアイデア」が眠っていると書きました。
その時のコラムはコチラ

前回のコラムでは「ナイスアイデア」の正体には触れませんでしたが
今回はセールスレターの「ナイスアイデア」の謎について、触れていきたいと思います。


1.ナイスアイデアと感じるもの「だけ」に有るもの

前回のコラムでは

良いセールスレターを読むと「ドキッ!」としたり
「えぇ、そうなんだ!」と、ワクワクすることがある
そして、それは自分に足りない何かを気づかせてくれる「ナイスアイデア」だ“

―――と、書きました。

そして私が「ナイスアイデア」と思ったセールスレターを仕分けしていくと

・コーチ、コンサル業向けのセールスレターだらけ
・「お客さんの前で日本語を話すだけで稼げる」など会話や言葉系の内容が多い
・物販関係のセールスレターは1通もない
・たった3~7つの工程で済む(比較的短い工程でOK)
・単発でもOK

――という特徴が書かれているセールスレターばかりでした。

「少ない工程でOK」や「単発でもOK」という内容は
面白くないセールスレターにもありました。

しかし、コーチ・コンサル業の方を対象としたものや
「お客さんの前で日本語を話すだけで稼げる」といった内容のものは
「興味がない」に仕分けた中にはありませんでした。

2.フックの有無が大きく左右する

そして、仕分けをしていて気が付いたのですが
おそらく、このワクワクさせるセールスレターは僕にしか当てはまらないかもしれません。
というのは、僕が「気になっているもの」や「僕のような人を対象として書かれているもの」からです。

つまり、僕にフックがかかっているということになります

セールスレターの世界には「フック」(hook)と呼ばれるパーツ(テクニック)があります。

この「フック」という言葉の本来の意味は、
「留め金」や「鉤」(かぎ)、「つるす」、「引っかける」というような意味ですが
ここでは「読者の興味・関心ごとに引っ掛ける書き方をして
セールスレターを読み進めてもらおう」というテクニックを指します。

そしてコピーライティング用語として「フック」とは、
①対象物を釣る
②とりこにする
③引きつける
――という意味の方が近いです。


3.するどいフックがコンバージョンへ導く

つまり、僕が「ナイスアイデア」と思っていたことは
僕のペルソナ(コーチコンサル業界に感心がある。文章を仕事にしているで、言葉を扱うビジネスに興味がある。物販や店舗運営などには興味が無い。物事はできるだけ端的で解りやすい方が良いと考えている)を対象にしていたから、僕の心に響いていたんですね。

これで謎が解けました。
あとは、フックを上手にかける
セールスレターを書くだけです。

・・・でも、どうやったら
上手にフックを掛けられるんでしょうか?
そのあたりも、記事で紹介したいと思います。

その時も、是非、読んで頂けると嬉しいです。
ありがとうございました。

この記事を書いた人

松尾勲樹

【無料オファーに特化した集客、販売コンサルタント】10代で起業後、ドコモ、KDDIをはじめとするキャリアの正規代理店となり携帯ショップの先駆けを果たし全国一位の販売成績を達成。FC店も仕掛けて年商10億円の企業へと成長させる。現在は、これらの実積から得た経験とノウハウを多くの店舗ビジネス系オーナー、コンサル型ビジネス、コンテンツビジネスをする人にインターネットを活用したマーケティングの仕組化、WEB戦略コンサルティングのコツを年間600社以上にアドバイスし続けてる。 この人の投稿をみる